KUROのブログ

黒崎政男〜趣味の備忘録

ふとした偶然で、久しぶりに月刊『レコード芸術』(音楽之友社)の4月号を購入。見てみると、2001~2020年の二十年間に発売されたCDたちのうちから、ベストディスクを選び出そうとする企画。ここしばらくは、1960年代を中心とするLPレコード全盛時代の盤(それの初期盤)ばかり聴いていたので、この視点はとても新鮮だった。さっそく読みあさる。そしてCDを何枚か注文して手元に届いた。
 IMG_8320


IMG_E8380




20年間のなかで最高の第一位は
グザビエ=ロト指揮ストラヴィンスキー「春の祭典」(2013年)
で、これぞ「時代を変えた」一枚とされている。フランス式のピリオド楽器をつかい、一般的な<春の祭典>とはまったく異なるサウンドが随所で炸裂する衝撃的な演奏、とある。
511RbxcoewL._AC_


その通り!と膝を打つ。このCDは発売当時から、私の愛聴盤となっていて、この一枚に刺激されて、私はほとんどすべてのグザビエ=ロトのCDを持っている。 きわめて鮮烈で新鮮な響き、とても魅力的なサウンドでさまざまなクラシック曲を演奏している。このブログでも以前書いたかもしれないが、一昨年の来日のときには、初台のタケミツホールで、ラヴェル「ラヴァルス」の炸裂に身体中痺れさせられた。
 この「春の祭典」の従来の決定盤といえば、ショルティ指揮シカゴ交響楽団のDECCA盤(1974年)だが、ロトの演奏を知ってしまうと「名演LP初期盤の愉しみ」 の世界が脅かされてしまう感じだ。

IMG_E8329





■クラシック音楽の源泉・中世マショーの「ノートルダムミサ」を多民族的・本性と情動むき出しの演奏


IMG_E8328

さて届いたCDのうちで、まず興味を引いたのが、「グランドラヴォア演奏:マショー・ノートルダムミサ曲」(2015年録音)。このアルバムはベストディスク100に選ばれているのではなく、2019年度のレコード・アカデミー賞の音楽賞部門に選ばれた、としてこの4月号で大きく取り上げられていたアルバム。
このグループ名<グランドラヴォア>はどう読むのか、と思ったら、ロラン・バルトの著書「grain de la voix」(声の肌理(きめ))から来ているということ。

 


一聴して分かるように、なんともパワフル。そして、非=均整的、非=調和。
かつての二十世紀後半の中世・ルネッサンスの古楽演奏は、もっと透明で澄み切っていて天使的な響きが基本だった。たとえば、D・マンロウ指揮のG・デュファイ「ス・ラ・ファセ・パル」を聴いてみれば分かるように、純度が高く、安定した調和的な響き。深いところで癒やされるような音楽の演奏だった。
 それがどうだろう、このシュメルツアー&グランドラヴォアの演奏は、きわめて多国籍的。東方やアラブやイスラムが混在していて、音程も従来の純正調的な観点からしたら、微妙にはっきりとズレている。誌面での矢澤孝樹氏の表現を借りれば「民族音楽的な要素や、中東、アラブ方面から入ってきた要素などが混ざり合った、もっとごしゃごしゃしたカオス的なもの」であり、「もっと野太い強烈な生命力、強烈な個性が生々しく響く音楽」となっている。
 二十世紀が表現してきた清らかで調和的な西洋中世。これに対して、二十一世紀の音楽は、混沌として移民に溢れテロに揺らぎイスラムが混在し分裂の兆しをはらむEUを象徴するような分裂と多様性に満ちた西洋中世を表現しているようだ。


 しかし、清らかで天使的透明さに満ちた二十世紀後半の中世音楽が、ある種の虚構だ、という感覚は、すでに、ウンベルト・エーコの小説を映画化したアノー監督『薔薇の名前』(1986)で表現された猥雑で混沌に満ちた中世像を見て、すでに知っていたはずだ。
81ufNJFTisL._AC_SX385_




 ■ポストモダン的西洋としてのグランドラヴォアのミサ曲演奏


「ポスト・モダン」とは「近代(モダン)」を乗り越えた後にくる時代区分だが 、それはどんな時代なのだろうか。今日のポスト・モダン的状況。それは「プレ・モダン」に後退することなのか。ドイツの現代の哲学者マルクス・ガブリエルは新実在論を唱えて、なんとか「なんでもあり・混沌の」ポストモダンを超克しようとしている。その思想的試みが正鵠を得たものなのかは判断を控えるが、

とにかくグランドラヴォアが表現するクラシック音楽の源流としてのマショーのミサ曲が、 きわめて21世紀的なポストモダン的表現であることは間違いない。
 


Hortus_Deliciarum-part
哲学の女神(philo-sophia)。その胸元から7つの泉が湧き出し、天文学、幾何学、音楽など7科の学問が発している。女王の足下にはプラトンとソクラテスがいる。(Herrad von Landsberg - Hortus Deliciarum 1185)

〜〜〜中世写本「ホルツス・デリキアルム」リベラルアート図像を読み解く〜〜〜

■「万学の女王」としての哲学

 カントは「純粋理性批判」の序論(第一版)で、形而上学について次のように述べていた。

「かつては形而上学が万学の女王と名付けられた時代があった。形而上学は、その対象の卓越した重要性ゆえに、もちろんこの尊称に値した。いまや当然のことながら、形而上学にあらゆる軽蔑を示すことが流行となり、この老貴婦人は追放され見捨てられる。いましがたまでは最高権力者、それがいまでは、追われ連れ去られていく。」(A VIII)

『純粋理性批判』はこのような現状認識から、形而上学を再興しようとするもくろみである。
ところで、カントがいう、この「かつては形而上学が万学の女王であった」する一文が私には長い間なかなかピンとこなかった。形而上学、つまりは「哲学」と言い換えてもいいだろうが、それが本当に、万学の女王、だったのだろうか。

 ふとした偶然から、ある日、Philosophia et septem artes liberales(哲学と7リベラルアーツ)と題される図版を目にすることになる。
それはなんと、さまざまな学問の中心に「哲学」と書かれた女王が玉座に鎮座している図だっだ。その女王の足下には、プラトンとソクラテスがいる。回りには、天文学、幾何学、代数、音楽など7人の女神たちが描かれている。さらに、その園外には、魔術師や創作家という4人の人たちが、悪そうな黒鳥になにか吹き込まれている図がある。
 哲学の女王からは、右に三本、左に4本の泉が豊かに流れ出しているように見える。
 あまりに魅惑的な図像写本である。全体像は次のようだ。

Hortus_Deliciarum,_Die_Philosophie_mit_den_Künsten

◎女王が手に抱いている言葉は、
Omnis sapientia a dn o des est
Soli qadeliderani  face possunt sapientes
と読める。おそらく、
すべての叡智(知恵)は神から発する。
知者だけが、これらを獲得することができる
と解読できるだろう。

◎中心円の半円下にある文字は、
Natura universe rei queri do cuit philosophia
と読める。おそらく
哲学が宇宙の物事の本質を追究する
と解読できる。

◎哲学の女王の冠は、三つの顔があって
Ethica Logica Physica
と読める。(これはもう一枚のモノクロ図像にははっきり書かれている。
倫理学、論理学、物理学、だが
これは古代ギリシャストア派の学問の3分類に
あたる。哲学の三部門、を表現していると思われる。

◎小円には、
Arte rege?s. dia. Ave. sunt. Ego. philosophia  “ Subjectas artes in septes divido paprtes
と読める。これはなんと読めばいいか。
とにかくこのきわめて魅惑的な図像を解読していくのがとても楽しみだ。

Bibliothèque-monochrome


■哲学が女神なのはなぜか

ところで、どうして、哲学は女神なのだろうか。いろいろ調べているうちに、この図像の女神が手で抱えているモットー

omnis sapientia est a dno deo est.

(omnis はall、sapientiaはサピエンティアで知識、a は奪格をとってfromの意、dno deo はdominus deus
つまり、支配主たる神の奪格、est は英語でis)<すべての知識は神から生じる>


はどうも、古代ローマ末期のイタリアの哲学者、ボエティウスの言葉らしい。ボエティウス(480~525)は、西ローマ帝国の執政官となって栄華を極めており、王の信任を得ていたのだが、ある時あらぬ嫌疑をかけられて投獄され、処刑された。獄中で書いたのが『哲学の慰め』(De consolatione philosophiae)である。これはヨーロッパ中できわめてよく読まれた書物の一つだという。
 ところで、この『哲学の慰め』は、ボエティウスと、突如牢獄に現れた哲学の女神との対話の形をとっている。なるほど!
12世紀中世写本に現れた<哲学の女神>は、その淵源を6世紀のボエティウスに求めることができそうだ。ボエティウスと哲学の女神、で探してみると、いろいろ面白い写本を発見することができる。


Boethius-Philosophy-Medieval-Middle-Ages
これは中世写本だが、哲学の女神がボエティウスのところに降りてきて教えを垂れているところである。

あるいは、次のような写本もある。これは牢獄に入れられているボエティウスと哲学の女神が対話している図だ。

71c5zJIBQoL._AC_SL1000_


<女神としての哲学>はどこまで遡ることができるのか。
なかなか楽しみな探索となった。



IMG_E7369

  国際オーディオショーが東京・有楽町の国際フォーラムで2019.11.22~24の期間で行われていたので、土曜日に出かけてみた。目的は、このたび発売された超弩級アナログ・プレーヤーTechDASのAir force Zeroの音を聴いてみること。なにしろ価格が4,500万円。ゼロの数か単位が間違っているのでは?と思えるほどの高額で、LPレコードを再生するために、どこまで物量作戦で臨むのか、のおそらく極限だろう。
会場にあったこのプレーヤーの写真を撮ってみたが、とにかく巨大。本体重量が350kgもあるという。価格の点からいっても大きさの点からいっても、自分が所有する可能性は完全に0%なので、なにかとても気楽な感じだ。
IMG_7345

Air Force Zero 超弩級アナログプレーヤー 本体重量約350Kg
国際フォーラム 国際オーディオショー にて

 
私が行ったときには、ちょうど英国のオーディオ評論家が、このプレーヤーを使用してアナログ再生をやる会にぶつかったので、たのしく時間を過ごした。

 そして、ここで私が興味を持ったのは、このとき使用されたLPレコード。米国のMobile Fidelity 社がリリースしている高音質リマスターの音源を「ワンステップ・ラッカー・プロセス」処理により、従来のLPレコードより、格段にノイズを軽減し、また音のディティールをより細かく再現するLPレコードだ。ネットの情報を見ると「高音質にこだわるオーディオファイル垂涎の盤といえば、米国サンフランシスコににあるモービル・フィデリティ社。モービル・フィデリティ盤は、米国のモービル・フィデリティ・サウンド・ラボ社が独自のマスタリング技術(ハーフスピード・マスタリングなど)を駆使して、オリジナルマスターテープのデータを限界まで引き出した復刻盤」などとある。
 盤はビルエヴァンスの超名盤「Portrait in Jazz」(1959)。限定品らしいが、まだネット上には在庫があったのでさっそく注文して手に入れる。

 我が家の装置でこのLPレコードをさっそく掛けてみる。この録音後すぐにこの世を去ってしまうことになるベイシスト、スコット・ラファロのベースが実に等身大の姿でそこで演奏しているように見える。曲は「枯葉」だが、ビル・エヴァンスとスコット・ラファロの絡みが、とても緊張感を伴って掛け合っているのが分かる。通常のディスクなどで聴くと、このあたりは、なにかちょっと間が抜けた感じに聞こえるのだが、このUltradisk onestepレコードでは、実に充実した掛け合いに聞こえる。


★4500万円のプレーヤー「モノには限度、風呂には温度」(菅原正二氏の名言と伝えられる)

 国際オーディオショーでレコードプレーヤーAir Force Zeroで聴いたときには、さらに、スコット・ラファロの立ち姿がそこに見えるような感じで鳴っていた。総額1億円もするようなオーディオ装置だったから、そのぐらいの特別感のある音で鳴ってくれていなければ逆に困る。ちなみに、当日の会場では、この4500万円のプレーヤーについて、「ベイシー」の菅原正二氏が語ったとされる「モノには限度、風呂には温度」の格言が、会場で会う知り合いの人々の口々にのぼっていたのが印象的だった。





装置は、いつものように、LPプレーヤーがLINN LP12(urika2)+Klimax DSM+自作WE205Dパワーアンプ+Tannoy IIILZ (red monitor)で鳴らした。
確かに、嘘のように、静寂感がある。この新しいカッティング技術は、従来、5段階かかっていた過程を3段階に減らすことで、音楽的ディテイルを失わず、また、サーフェイズノイズを大幅に軽減した、とある。
このウルトラディスクonestepレコードは、端的に表現すれば、ハイレゾ音源のように極限までノイズを減らしながら、レコードが持っている音の鮮度やリアリティを失わずにいる、ということかもしれない。従来のLPレコードとはなにか次元の違う音がする。
 これはすごいことだ。もしかしたらLP初期盤(オリジナル盤)の音を遙かに凌駕してしまうかもしれない。


★LPレコードの製作過程を改変

 
この付属の解説を見ると、従来の製造過程における「マザー」と「スタンパー」の二段階を無くしたようだ。
IMG_E7367


これはすべて45回転で録音されているので、通常33回転で一枚のLPレコードが、二枚になっている。無駄な感じもするが、実はこれがなかなかいい。一面にカッテングされている曲が数分で終わるので、ちょうどSPレコードを聴くときのように、<ながら聴き>が出来ない。なので、真剣に音楽に向き合ってしまう。

IMG_7376


さてさて、これはとても面白いことになってきた。<古いオリジナルこそ最高!>と思う私の骨董趣味の思いは、このアナログの最先端テクノロジーの産物に打ち負かされてしまうのだろうか。

オリジナル盤=対=ウルトラディスクの対決、が勝手に我が家で始まってしまいそうだ。



IMG_E7373

 

↑このページのトップヘ