イメージ 1

今月の歌舞伎座は、昼の部がとてもよかった。一本目「お江戸みやげ」は時蔵のお辻が実によく、ほろっとさせるを超えて、涙腺が緩みっぱなし。平成23年4月新橋演舞場の舞台で三津五郎(お辻)と翫雀(現・鴈治郎)(おゆう)で観て大好きな芝居になったのだが、今回は女形の時蔵が演じ、やや若い女性らしさで、芝居の現実味を高めていた。
三本目は河竹黙阿弥作の世話物の代表作の一つ「十六夜清心」。これまでは、この芝居はどちらかというと苦手で、特に「第一場 稲瀬川百本杭の場」は、女犯の罪で寺を追われた清心と、郭を抜け出した遊女十六夜のあまり動きのない長い掛け合いが退屈だった。

  ところが今回は、尾上右近が清元栄寿太夫を七代目として襲名して、初お目見えの舞台。
イメージ 2右近として歌舞伎役者を務めながら、清元の浄瑠璃をうたう栄寿太夫になった。まるで野球の大谷翔平の二刀流のようなもの。その右近が栄寿太夫として、今回この歌舞伎座で、舞台上出語りで初登場するのだから、視線はどうしても役者よりも清元連中に行ってしまう。  
こうやって舞台を観ていると、この清元の浄瑠璃「梅柳中宵月(うめやなぎなかもよいつき)」という曲は、粋で艶でなんて魅力的なんだろうと、この浄瑠璃を味わいはじめてしまう。特に若々しい栄寿太夫(右近)と老練な美寿太夫のゆったりした掛け合いのようなアンサンブルには、すっかり心奪われてしまった。いい清元だなあ。なんて情緒纏綿(てんめん)として心地よいのだろう。
(同じ黙阿弥の作で、「三千歳直侍」での清元の名曲「忍逢春雪解(しのびあうはるのゆきどけ)のほうは「一日逢わねば、千日の想いにわたしゃ患ろうて・・」を聞いたりしていたので、清元を味わうための下地は少し出来ていたのかもしれない。)

 この清元のほうに意識を置きながら、舞台をみると、清心の菊五郎と、十六夜の時蔵の所作が実にすばらしいことに気がつく。浄瑠璃に聞き惚れ、舞台に見惚れて、(以前は退屈だった)稲瀬川百本杭の場は、あっという間に過ぎ去ってしまった。次の場では、ちょいと吉右衛門が登場して舞台の格を上げてくれるし、ほんとにすばらしい「十六夜清心」だった。


家に帰って、さっそくSPレコードの棚を探す。ずいぶん以前だが、義太夫や常磐津や清元のレコードを集めていたことがある。戦前の伝統的な清元は、どんな感じだったのだろうか。あらためて聞き直してみたくなったのである。たしか、五世延寿太夫(戦前)の清元は「十六夜清心」があったか、あるいは、「三千歳直侍」だったか。
 確かにSPレコードで棚に「十六夜清心」はあったが、戦前の歌舞伎劇となっているもの。清元ではなかった。
イメージ 3


清元の名曲、「三千歳」があった。

名人五世延寿太夫のうただ。



イメージ 4

ついでに、同じ曲の清元を梅吉(三味線)+梅美太夫のもので聴いてみよう。かなり感じが異なる。このSPレコードはかつてよく聞き入っていたものだ。
イメージ 5


こうなってみると、ぜひSPレコードで今日の演目「十六夜清心」の清元「梅柳中宵月」を聞いてみたいものだ。いったいどんな感じなのか、とても楽しみである。