KUROのブログ

黒崎政男〜趣味の備忘録

タグ:オーディオ

ブルックナー9スコア
(ブルックナー交響曲第九番第一楽章の自筆譜 巨大な音の集合体)


無伴奏と大編成

 

 

私は若いころから、長い間、最高の音楽、もっとも精神性の高い音楽は<無伴奏>だと考えていた。もちろん念頭にあるのは、J.S.バッハの「無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ」(BWV1001~1006)や「無伴奏チェロ組曲」(BwV1007~BWV1012)であることは間違いない。しかし、なにもバッハだけに限るわけではない。たとえば、普通はなんとなく気楽な曲でみちているテレマンでも、彼の「無伴奏フルートのための12の幻想曲」の崇高性や孤高性はどうだ。あるいは、C.P.Eバッハの「無伴奏フルートソナタイ短調」だとてその幽玄な精神性はなんともすばらしい。

へリンク・シェリングの演奏するバッハの無伴奏バイオリン(グラモフォン、ステレオ盤、1967年)は、それを聞いていると、極めて実存的な気持ちになった。
image

私がこうやってここに存在していることの深淵のようなものを抉ってくるような極めて精神的な演奏だった。それは1人の人間が孤高に向かって語る無伴奏だからこそ、と感じていた。演奏は、私からすれば、デュオ、トリオ、カルテットと編成が大きくなればなるほど精神性は薄らいでいく。その頃はこう固く信じていた。

    ★

ところが還暦をすぎたころから、無伴奏とは正反対の、大編成オケの音楽がとても魅力的に感じるようになってきた。例えば、後期ロマン派アントン・ブルックナーの交響曲。その編成の巨大さは、無伴奏のソロ楽器とは対極にある。例えばブルックナー最後の交響曲第九番では、楽器編成はフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、トランペット、トロンボーンが各3本。ホルン8本、バスチューバ1本、ティンパニ1台、弦楽5部。音は超多彩で超分厚い。楽譜をみれば1ページに6小節しか書けないほど、巨大な音の集合体である。五線譜が25段もある。これが同時に鳴る。巨大なカトリック聖堂に飾られている多くの彫刻の聖者たちが一斉に声をあげてくる感じだ。作曲者自身、どんな音の重なりになっているのか、この楽譜でどのぐらい想像できているのだろうか。指揮者はこの楽譜を見て、どのぐらい具体的に音を想像できるのだろうか。1ページに一曲が書かれてしまう無伴奏とはまったく別の世界である。
image
ブルックナーの交響曲第九番を聞いていると、――だいたいは1960年代の名演(オイゲン・ヨッフムやカール・シューリヒト指揮)を当時のLPレコード(初期盤)で聞くのだがーーいや、聞いているというよりは体験しているという感じで、喩えていえば、なにか宗教的儀式のなかに包まれているという体感。きわめて崇高だが深く癒やしてくるような音の洪水。「無伴奏」にあった「精神性」というよりは、むしろ、「魂が浄化される」といった趣である。約60分の法悦の時間があっという間にすぎていく。

      ★

ブルックナーの魅力にとりつかれるようになったきっかけは、しかしながら、精神性や宗教性とかいった問題ではなくて、実はオーディオ・チェック・レコードとして、とにかく巨大編成オーケストラのものを選んだだけ、というきわめて即物的なものにすぎなかった。

 オーディオという趣味は、LPレコードをいかにいい音で鳴らすかという1970年代から80年代にかけて大ブームとなったものだ。当時、多くの家で男子は巨大スピーカーや多くのアンプを並べて「いい音」を出すことに苦心していた。その後、気楽にまあまあの音がするCDipodで聞けるデジタル・ファイル音源などが登場してきて、オーディオブームは大きく下火となった。

だが、実はオーディオ装置は今日にいたるまで、着々と進化を遂げてきているのである。昨今のアナログ盤ブームは、単に昭和へのノスタルジーとしてレコードを聴く、というだけにとどまらず、LPレコードが実にすばらしい音でなるようになって来ていることも要因のひとつだ。当時は無伴奏のレコードは比較的いい音で鳴ったが、大編成オーケストラは、音が団子の固まりになって、ごろんとなるだけ。なんの魅力も感じようがなかったのかもしれない。しかし最新の進化したオーディオ装置でそのLPレコードを聴けば、従来なら分離せず固まりになっていたのがクリアに文節化する。私のLPプレーヤーのトーンアームやカートリッジや回転系モーターのグレードが上がるたびに、編成の大きな音楽が魅力的になるようになった。例えば、オーケストラ内でクラリネットとファゴットのデュオもそれぞれの音色が心地よく聞こえる。全楽器でフォルテシモのフィナーレも音が割れることもなく、きわめて心地よく音楽が鳴り響きわたる。LPレコードからここまでのいい音を引き出したのは、21世紀の我々なのではないだろうか。かつては決してこんないい音は誰も聞けなかったろう。そして、LPレコードの一本の溝(グルーブ)に、まだまだ無限の宝が眠っているようにさえ感じる。
 IMG_9768

こんなわけで、無伴奏曲や巨大編成オケ曲にどう魅力を感じるのかは、実はオーディオ装置のクオリティの問題に帰着するのかもしれない。<精神性>から<魂の浄化>への変化は、おそらく<装置>という下部構造に規定されていたのかもしれない。

    ★

鶴田留美子ピアノリサイタル。昨年から、ピアノ協奏曲のオーケストラ部分を室内楽編成にした版を使用して、コンチェルトまでレパートリーを広げる、という手品のようなアイデア。昨年はこのおかげでショパンのピアノ協奏曲2番をサントリーホール・ブルームローズで堪能することができた。今年はそして、なんとモーツアルトの名曲中の名曲、ピアノ協奏曲20番二短調K466だ。なんというど真ん中。27曲あるモーツアルトのピアノ協奏曲のなかでもこの二短調はひときわ最高峰。今日はとても楽しみだ。

 それにしても、オーケストラ大編成と室内楽編成のこの差、オーディオ装置だったら、どういう装置でどう聞くのか、大問題となるのだろうが、ライブだとこの問題は一切生じてこないように思う。なぜだ、なぜなのか。生と録音再生の間にはどんな差があるのだろうか。こんなことを考えながら、今日は鶴田留美子のショパンとモーツアルトを堪能することにしよう。
(この文章は、鶴田留美子ピアノリサイタル'21(サントリーホール9/11)のパンフレットに寄稿したものである)

20211024_無伴奏と大編成
鶴田留美子パンフレット表
 


 

 IMG_6300



究極のアナログ録音・ダイレクトカッティングLPと銘打ったサイモン・ラトル指揮のベルリンフィル、ブラームス交響曲全集。

どんなにすばらしい音がするのだろうと、興味津々で私のオーディオ装置で聞いていたのだが、そのうちに、他のブラームス交響曲の歴代の名盤と比べて、飛び抜けてすばらしいのだろうか、という問いが。

IMG_E6225




 そんな興味から、今回、ブラームスの交響曲1番のLPを入手していろいろ聴き始めた。このジャンルは1960年後半からは聞き始めているので、何度か中断はあったにせよ、半世紀は聞いていることになる。だから、私の知らない<世紀の名盤>が次々調べ出てくるのには驚いた。

R0000897



たとえば、

■ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィルのブラームス一番(1975年5月録音、ミュンヘン)

については、ネット上に溢れている評価をちょっと拾ってみると「滋味溢れる内容の豊かさ」、「ケンぺ&ミュンヘン・フィルが見事に描き出した至高のブラームス像」、「自然な高揚感が素晴らしく古くから名演と言われるものは名演」、「バスフLPレコードで、1975年5月録音、ルドルフ・ケンペが指揮したブラームス交響曲第一番ハ短調は、極上の音楽が記録されている」など、この盤に対する愛情溢れる評価が目白押しである。
 そうか、まったく知らなかった。ブラ1はケンペ盤か。そう思ってお茶の水の中古レコード店で見てみると、国内盤、独ACANTA盤、独BASF盤など、ケンペ=ブラ1LPはたくさん存在していたのだ。

IMG_E6302





★精神が浄化されていくようなすがすがしさ。ケンペが元オーボエ奏者だったということが感じられるように、全体が木管的な透明な響き


■ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団(1959年録音)

ワルターのブラームスは第四番が私の高校生時代からの愛聴盤だったから、ブラ4といえば、ワルターと思っていた。1楽章のあの哀愁と寂寞感に満ち満ちた冒頭の走り出しからして、深く心を打たれる。だが、ワルターの一番のほうはちゃんと聞いてこなかったように思う。
 ワルターの音楽は、コロンビア交響楽団の高域のキツい痩せた音が特徴的(sony盤)で、今回は、だから、オリジナルのCBS盤(米国盤)を入手してみた。

IMG_E6301





★愛情に満ちた、慈愛溢れる演奏。ゆるされた安らぎ。こちらの愛情があふれ出てくる。たおやめぶり!


■シャルル・ミュンシュ指揮パリ管弦楽団(1968年)

 昔からとても有名なレコード(ブラームス1番ならこれが決定盤、と言われ続けてきた)で、私のCDラックを見ると、別な時期に二度入手してあった。そしてこれまではあまりピンと来ていなかったのかもしれない。昨日、神保町9階の中古レコード店にふらっと寄ってみると、このLPレコードがあった。日本盤だけど初盤だよ、という店長のアドバイスに従って購入してきた。

IMG_E6306






なんという!とんでもない演奏。凄絶なダイナミック、という文句がまさにぴったりの、とんでもないエネルギーに満ちた演奏!こんなにすごかったのか。ますらおぶり!
アルプスの峰々の雄大さもクララへの深い愛もあふれ出てくるようだ。
これがフランスのオケの音だろうか。当時、フランス文化省のアンドレ・マルローが、パリ音楽院管弦楽団(コンセルヴァトワール)を潰し、1967年に新たに立ち上げられたオケで、ミュンシュが初代音楽監督に呼ばれたその当初の演奏。ミュンシュはすぐに急逝してしまうので、これとベルリオーズの「幻想交響曲」がとんでもない名演として残っていた。その事情はこれまでもよく知っていたが、ここまでのすばらしい演奏だとは知らなかった。これまではCDやネットで気楽に聞いていたからだろうか。今回、日本盤とはいえ初期盤のLPレコードで聞いたからだろうか。
 あまりにパワフルで凄絶な演奏なので、常に気楽に聞けるレコードではないが、決して忘れ去ることのできないミュンシュのブラ1であった。

ラトルのブラームス1番の「究極のアナログ録音」から端を発して、聴き続けたブラームスの交響曲1番の名盤の数々(ベームのベルリンフィル盤、CDだがガーディナーORR盤のすばらしさ、については割愛する)。
今日、クラシック音楽の大先輩T氏と湘南SPレコード愛好会の定例会でお会いしたのだが、私がブラームスの一番ばかり聞いている、という話しになったら、「あっ!それって、手塚治虫と同じじゃないですか。手塚さんは、作品を書くとき、繰り返し繰り返しブラームス交響曲一番ばかり掛けていた、ということですよ。とても有名な話しです。もう同じ境地ですね(笑)」ということだった。ちょっとびっくり、であった。


                   ★

情報も現物もすぐ手に入るデジタル情報時代。ブラームス一番をいろいろなレコードで聞いてみようと思って二週間も経たないうちに、ほぼ気になるLPレコードは今回すでに入手できている。私の学生時代、ほとんど情報は閉ざされており、また限定されたレコードしか入手できなかった。
 どちらが音楽を深く聴けているのか。いずれにしても、レコードをめぐる状況の変化に唖然とするばかりである。

使用したオーディオ装置 LINN LP12 urika2 + Klimax DSM/2 + RCA250 amp + タンノイIIILZ
R0000895


↑このページのトップヘ